人気コミック『進撃の巨人』を原作とした本格的協力型ボードゲーム 「進撃の巨人 ボードゲーム」日本語版 9月上旬発売予定

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、販売累計6000万部超、7月よりアニメ第3部放映中の人気コミック『進撃の巨人』を原作とした、「進撃の巨人 ボードゲーム」日本語版を9月上旬に発売いたします。

巨人として市民を食らうか、調査兵団の一員として巨人を殲滅するか?!

「進撃の巨人 ボードゲーム」は、原作の初期のエピソードを再現する協力型ゲームです。

プレイヤーのうち1人は人類に残された最後の都市の壁を突破し、人類を捕食する巨人となり市民の捕食を試みることになります。残るプレイヤーは調査兵団の1人となり、協力して巨人の殲滅を試みることになります。

巨人プレイヤーは毎回どの行動をするのかを決めるカードを使用してアクションを実行しますが、調査兵団プレイヤーの裏をかく行動で、調査兵団を全員倒すか、市民を食らうかして勝利を目指さなければなりません。

原作同様、ゲームでも巨人はその性質により、通常種や奇行種など、性質の違うタイプが4種類存在し、アクションに使うカードの種類が異なるため、調査兵団側は相手に合わせて攻略方法を考えなくてはなりません。

調査兵団の各プレイヤーはダイスを使い、キャラクターの能力を駆使しつつ、協力して『巨人を転ばせる』『巨人の目を潰す』『一時休息する』などの「戦術」を実行します。最終的には巨人を殲滅可能な『うなじを削ぐ』などの「戦術」を実行することを目指します。

また、平面であるゲームボードは使用せず、組み立て式の巨大な巨人フィギュアと組み立て式の建物を使用し、その上を移動することで、原作さながらの立体機動の雰囲気も再現されています。

ゲームデザイナーにドイツゲーム大賞受賞経験のあるアントワーヌ・ボゥザとルドヴィック・モーブロンを起用し、原作に基づいた登場キャラクターVS.巨人の戦いを再現した本格的協力型ボードゲームです。

進撃の巨人 ボードゲーム 日本語版

  • 価格/5,800円+税
  • 発売日/9月上旬発売予定
  • JANコード/4981932023885

内容物: 巨人の立体フィギュア+足場1組、ヒーローコマ8個、組立て式の塔1個、巨人のライフゲージとマーカー1組、民間人トークン12個、壁上固定砲コマ6個、特製ダイス20個ラウフトークン12個、ヒーローカード8枚、巨人カード8枚、アクションカード28枚、戦術カード7枚、ルールブック1部

ゲームデザイン:アントワーヌ・ボゥザ&ルドヴィック・モーブロン
2~5人用
対象年齢14歳以上
プレイ時間:30分
Made in China

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(c)2017 Don’t Panic Games. (c)2017 Cryptozoic

 

◆商品ページ http://hobbyjapan.games/shingeki_bg/
◆ホビージャパンゲームブログ http://hobbyjapan.co.jp/game/
◆ホビージャパンのゲーム商品案内 http://hobbyjapan.games/
◆ホビージャパン・ゲームツィート https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME


1vs多数ということでスコットランドヤードを想起した人も多いかと思います。原作では(特に初期は)巨人が圧倒的に強いわけですが、人間側にどのような勝利条件が用意されているのか、気になるところです。作品もメジャーですし、普段ボードゲームをやらない仲間うちでも楽しめる作品かもしれませんね。アントワーヌ・ボゥザとルドヴィック・モーブロンがデザインしているという点もポイント。作品ラブな日本人ではなく、海外のデザイナーが論理的に仕上げたゲームということで、ただ作品の雰囲気を楽しむだけではなく、ボードゲームとしてロジカルな楽しみがあるかと思います。
個人的にも要チェック作品です! 買っちゃうかも!?


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。