カラフルな孔雀の尾羽を模したトリックテイキング・カードゲーム 「ピココ」日本語版 8月下旬発売予定

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、ラトビア・Brain Gamesの新作、尾羽に見立てたカラフルなカードを孔雀にセットし、自分の手札を他人だけに見せてプレイするユニークなトリックテイキング・カードゲーム、「ピココ」日本語版を8月下旬に発売いたします。

 

立体の孔雀(ピーコック)を使った、他人の手札しか見えないトリックテイキング・カードゲーム!

この賭けと読みのクレバーなゲームで、自らの尾羽を誇示しよう。
このゲームでは毎ラウンド、プレイヤーに手札として8枚ずつのカードが配られますが、手札の表面を自分で見ることはできません。自分の手札の表面を見ることができるのは、対戦相手たちだけです。

プレイヤーは他のプレイヤーの手札を見て、相手プレイヤー全員がトリックをいくつずつ取れるかの入札をします。全員の入札が終わったら、各プレイヤーは左隣のプレイヤーの手札をプレイします。これを、手札枚数分(8トリック分)続け、ルールに従ってそのカードを孔雀にセットしていたプレイヤーが各トリックを獲得します。ラウンドの終了時、ラウンドの前半に入札した数に応じて点数を獲得します。ゲームは全3ラウンドをプレイし、最も点数を多く獲得したプレイヤーがゲームの勝者となります。

「ピココ」は、孔雀の尾羽を模したカラフルなカードを自分の手札として孔雀にセットし、セットした自分の手札を自分だけが見ることができない、ライトユーザーからヘビーゲーマーまで楽しめる、美しく、かつユニークなトリックテイキング・カードゲームです。

 

ピココ 日本語版

  • 価格/3,600円+税
  • 発売日/8月下旬発売予定
  • JANコード/4981932024080

内容物: カード77枚、トークン46個、孔雀5羽、スコアパッド1冊、ゲームのルール1部

ゲームデザイン:アダム・ポーター
プレイ人数:3~5人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間:約30分
Made in China

(c) 2018 Brain Games Publishing SIA

 

◆商品ページ http://hobbyjapan.games/pikoko/
◆ホビージャパンゲームブログ http://hobbyjapan.co.jp/game/
◆ホビージャパンのゲーム商品案内 http://hobbyjapan.games/
◆ホビージャパン・ゲームツィート https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME


自分の役の予想と相手の出方の二つを推測するというなかなかトリッキーな作品のようです。
自分の手札は見れなくても、相手の反応や手札で予測は可能。大人数で遊ぶのが楽しそうなゲームです。


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。