「ドラゴンボール ゼノバース」シリーズ 2作でワールドワイド累計出荷本数1000万本を突破

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡)が発売した家庭用ゲームソフト「ドラゴンボール ゼノバース」「ドラゴンボール ゼノバース2」が、2作でワールドワイドシリーズ累計出荷本数1000万本(※ダウンロード版含む)を2018年7月に突破しました。

2015年2月に1作目の「ドラゴンボール ゼノバース」を発売し、2016年11月には2作目の「ドラゴンボール ゼノバース2」を発売。今なお世界中の多くのお客様にお楽しみいただいております。
本シリーズは、プレーヤー自身が主人公となり『ドラゴンボール』の世界に入り込み、キャラクター達と共に闘うという今までにない遊び方を追求してきました。

特に「ドラゴンボール ゼノバース2」においては、現在もお客様のご意見を反映したダウンロードコンテンツの追加や、無料アップデートによる調整等を随時行っております。新しいキャラクターやゲーム性を追加することで、今まで遊んでくださっている方はもちろん、新規のお客様にも遊んでいただきやすくなっています。さらに、2017年9月にはNintendo SwitchTM版を発売。従来のターゲット層に加え、10代20代のお客様にも幅広くご好評いただいたことで、今回の出荷本数となりました。

今後も引き続き世界中の『ドラゴンボール』ファンの皆さまにお楽しみいただけるよう、追加のダウンロードコンテンツやアップデートを予定しているほか、新たな遊び方も展開していく予定です。どうぞご期待ください。

 

【コンテンツの詳細はWEBサイトをご確認ください】

製品名: 「ドラゴンボール ゼノバース」
WEBサイト: https://dbx.bn-ent.net/01/

製品名: 「ドラゴンボール ゼノバース2」
WEBサイト: https://dbx.bn-ent.net/

権利表記
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。