『VRをより安心・安全へ~ 瞳孔間キャリブレーションソフトIPD-360VRがUnity対応 ~』 株式会社B.b.designLabが新サービスを開始

スポンサードリンク

株式会社B.b.designLab(本社:東京都港区北青山2-7-26/代表取締役:安田裕治)は昨年11月に開催されたIntarBEE2017で発表した、瞳孔間キャリブレーションソフトウエア IPD-360VRのUnity版を開発したことを発表した。

PD-360VRはコンテンツを視聴する際、個人差がある瞳孔間距離(IPD)の調整をソフト的に実現するもので、VR空間内で簡単にキャリブレーションし、視聴者ごとにマッチした最適な視聴環境を提供するものです。

世界初のこの技術は昨年の発表以来大きな反響を呼んでいる。

 

IPD-360VRのUnity版は、3D空間の中で気軽にキャリブレーション出来るもので、ロケーション型VR施設などに導入されているHTC-ViveやOculus RiftなどのハイエンドHMDに対応している。

動きの激しいロケーション型VRゲームや長時間視聴の動画など幅広いコンテンツを安全・安心に体験・視聴することが出来るこのソリューションはVR市場に大きく貢献するものです。

2018年5月15日からサービスを開始するIPD360VR Unityのデモは B.b.designLabの青山オフィスで体験できます。


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。