Amazon echoでPrime musicを聞いてみた

スポンサードリンク

先日我が家にやってきたAmazon echo dot(アマゾンエコードット)。さっそく寝室に設置して遊んでおります。

買ったのはdotでスピーカーも小さいので、イヤホンジャックにオーディオケーブをさし、使わなくなって久しいオンキヨーのCDラジカセに接続しました。これでいい音で楽しめるってものです(寝室なので写真はご勘弁をw)。

設置が終わったところで、さっそく遊んでみます。

音声の認識は結構優れていて、曖昧なニュアンスでも拾ってくれます。思いついた言葉を「アレクサ、~」と言うと、何かしらのリアクションを返してくれます。

一通り遊んだところで、今のところのメインコンテンツである、プライムミュージックからの再生を試します。

「アレクサ、音楽をかけて」

と言ってみると、設置したのが0時頃だったためか、眠りのためのリラックスミュージックをかけてくれました。

だけどまだ眠りたい気分ではなかったので、次は「アレクサ、ゲームミュージックをかけて」と言ってみます。するとなぜか逆襲のシャアのメインテーマが流れてきました。スパロボか何かの曲なんでしょうか。
でも今はフィン=ファンネルを放ちたい気持ちでもなかったので、「アレクサ、次の曲かけて」次の曲をかけてもらいます。
そしたら今度はZガンダムの曲が流れてきました。うん、やっぱりスパロボみたい(笑)。

次は、「アレクサ、アニソンをかけて」と言ってみます。
すると、林原めぐみの楽曲を拾ってきました。うーん、なぜ林原めぐみなのか。しかもエヴァンゲリオンのエンディングテーマ。アレクサさん、どういう基準で選んでいるの!?

もう一度「アレクサ、アニソンを」と言うと、今度はどこかで聞き覚えのある曲をもってきました。だけど、その曲名が思い出せない。なんだっけ、この曲…頑張って思い出そうとしたものの、無駄でした。曲のフレーズだけを海馬の片隅において、忘却の彼方に飛んでいってしまったようです。

これ、聞いたら教えてくれるのかな? ダメ元で「アレクサ、この曲はなに?」と聞いてみました。

そしたら! 「上原れな」の「届かない恋」と教えてくれました!

そうか! ホワイトアルバム2だ!

すごいなアレクサ!

何しろ私、ホワイトアルバム2をプレイするたび、ミュージックモードで「届かない恋」を再生してから遊んでいました。コンプリートはもちろん、あの長い話を繰り返し二回は遊んでいたので、かなり耳になじんでいるはずだったのですが…なにしろもう五年前の事ですしね。忘れてしまうのもムリはない。というか、ホワイトアルバム2からもう五年もたってるのか…はやいなぁ…。

というわけで、アレクサのおかげでかつてのお気に入りの曲を見つけることができました。
「アレクサ、この曲をライブラリに入れて」と言うと、そのままライブラリ(PC版だとマイミュージック)に登録です。これでいつでも届かない恋を聞けるようになりました。やったね(?)。

こんなカンジで、初日から遊んでみました。

他にもアラームのセットやニュースの読み上げなどをやってみましたが、やっぱり音楽が一番おもしろいかなぁ…という感想。スマートホーム化するともっとおもしろそうですが、そこまでの予算はなし。このあたりは徐々にグレードアップしてみればいいかなと。

他にもスマートフォンのアプリを経由して「スキル」なるものも追加できるそうですが、これは次の機会(記事)にやってみます。

 

ところで、「アレクサ」と声をかけたものの、特に頼むことがないことに気づき「やっぱりなんでもない」と続けると、アレクサさん、「がちょーん」と答えてくれました。

アレクサさん、何歳なの…? ホントに21世紀生まれなの…?

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す