【団生レイノス】ステージ4、そしてステージ5

スポンサードリンク

ステージ3で大気圏突入に成功するものの、大気圏近傍での戦闘で友軍は戦力の約半分を喪失。
しかし作戦中止せず、予定通り敵前線基地の制圧を開始。戦術を遂行する冗長性を失ってもなお強行突撃を敢行するところに日本人らしい魂(スピリッツ)を感じます。

ステージ4の作戦内容はこうです。

  1. 敵前線基地付近の敵戦力を排除し、シャトルの降下地点を確保。
  2. 敵前線基地に入るための突入口を探索。
  3. 敵基地に侵入し、動力炉を破壊。敵基地を沈黙させる。

シャトルから射出されるとまずは空中戦。アサルトスーツを空中で撃ち落とそうと待ち構える敵機との戦闘となります。空中での機動性は戦闘機に敵うはずもないので、撃墜は諦めて、姿勢制御しつつ敵の攻撃をかわすことに集中します。

地表到達後は敵の陸戦力、航空戦力と交戦。遠方では降下するシャトルと敵対空陣地の戦闘が繰り広げられています。ここが大きな戦場の一部だと分かる演出です。かっこいい。
しかし予定した投入兵力よりも大幅に少ない中での戦いは苦戦の連続。シャトルも被弾し艦長のヒステリックな声が無線を通して流れてきます。もう少しどっしり構えてもらいたいものです。

敵の対空砲および地上戦力を排除すると、敵基地内への侵攻がはじまります。輸送機で運ばれた工兵隊が地下に入るための突入口を爆破してくれます。

基地内に突入するも、自律型のタレットが配置されているだけ。

やがて、敵影がない理由が判明します。敵はすでにこの基地を放棄。地下の動力炉を暴走させ、基地もろとも集まってきた敵(つまり味方)を吹き飛ばすつもりでいたのです。こんなシチュエーション、Zガンダムで見たことあるっ!

ここで動力炉に爆発されては、友軍が被る被害も甚大なものとなります。なので当初の予定通り破壊することになります。しかし動力炉側にも自律的に反撃を行う機能がついており、誘導するプラズマ弾やレーザーを放つビットなどを射出してきます。特にレーザーはシールドを構えていてもダメージが貫通するため、ジャンプしてかわすか、ビットそのものを撃ち落として無力化する必要があります。

が、動力炉の暴走までのタイムリミットもあるので、なるべくなら無駄な行動はしたくないところです。

タイムリミットまでに動力炉を沈黙させられたら、ミッションクリアです。

 

 

続くステージ5では、建設中の機動戦艦「ロイアック」の建造を阻止せんと、押し寄せてくる敵機からドックを死守するというミッション。三枚ある隔壁を突破されたらゲームオーバーです。

敵はいつもの緑色のザコによる波状攻撃と、攻撃機による爆撃で隔壁の破壊を試みます。爆撃のダメージが大きいため、攻撃機の撃墜を優先。常に砲口を斜め上に構え、ジャンプしてくるザコと攻撃機のどちらも迎撃できるようにするのがコツです。また攻撃機が飛来しない時は、広範囲に広がるショットガンがオススメ。押し寄せてくる緑の敵ASを片っ端から処分してしまいましょう。

しばらく迎撃を続けていると、敵の無線が混線。新たな通信機は、敵の通信も傍受できるようになったとミッション前の説明に記されていましたが、見事に割り込まれたようです。

すこしオッサンくさい声のランスと名乗る敵の将校は、ステージ2に出てきたあの青いアサルトスーツのパイロット。やはりライバルキャラとして再登場してきました。

ランスの方も主人公の事を認識しており、互いに宿敵認定済みということが分かります。

で、当然のようにランスの駆る青いASとの戦闘となります。

ランスの青いASはジャンプを繰り返し、火力の高いエネルギー弾とミサイルを撃ち放ってきます。ミサイルは上空へ撃ち出されるのでジャンプしなければ問題はありません。またエネルギー弾もシールドで防げます。なのでさほど脅威ではないのですが、しかしこの戦い、実はタイマンではありません。以前ドックを狙うザコは出てきますし、攻撃機の爆撃も続きます。さらにはドック方面から、どこから撃たれているか分からない謎のミサイル攻撃も。敵の物量に対し味方は自分一人という孤独な戦いの中で、ライバルのランスと戦わなければならないのです。

ランス機のHPを削りきると、副官らしい女下士官が退却を促してきます。こいつか、私の背後からミサイルぶっぱなしてたのは!

アルセリアというのが、さっきの女下士官の名前のようですね。
ランスを追い払えれば、このステージはクリアとなります。

ストーリーも中盤にさしかかり、ライバルも登場とリアルロボット系らしいストーリー展開に。この先の激戦を予感させるイベントも目白押しで、これからの展開が楽しみです。
願わくば、ランスの声がもう少し若々しかったらよかったなぁ、と(笑)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す