【グランツーリスモSPORT】グランツーリスモSPORT、1.06にアップデート

スポンサードリンク

11/27にグランツーリスモSPORTが1.06にバージョンアップしました。

今回のバージョンアップは、各セクション(スケープス等)のオフライン化、そして挙動の見直しが大きな目玉になっているように思われます。

2.挙動シミュレーションモデル
– 挙動シミュレーションモデルを一部改良し、特にグリップの低い市販車における操作性を改善しました。
– ABS「標準」設定の制御を改良し、ブレーキング中の運転のしやすさが向上しました。
– 後輪駆動車のTCS設定値「2」以上での制御を改良し、コーナー脱出時の安定性を増しました。

グリップとABSと、コーナーリング時の挙動が見直されたようです。
確かにABSの効き方は微妙で、あまり恩恵を受けていないようなカンジでした。
バージョンアップ後に走ってみましたが、ドラゴントレイルのWシケインが格段に走りやすくなりました。。特に後輪駆動のクルマは恩恵をよく受けており、ブレーキを残したままのコーナー侵入や姿勢制御がしやすくなっていました。アンダーが出ても頭の向きを変えられるので、ドリフトもしやすくなったかと思います(特に4WD)。

また個人的にはシェルビー(コブラ427)の追加は嬉しいところ。でもFRはうまく運転できないので、ゲットして終わりという感じがしなくもありません(いまだに、最初にもらったWRXを愛車として使っています^^;)

またスケープスには「紅葉」特集が組まれており、それにあわせて撮影スポットが追加されました。

ドリフトしているランエボを撮りたかったのですが、流し撮り設定にするとせっかくの紅葉がブレブレになるので、あえて流し撮りにはしませんでした。結果、ランエボが道の上に止まっているだけのような写真に。クルマのパンフレットにありそうな写真になってしまいました。

日が暮れた森の中での、コペンとランエボの対決。コペンもアンダーですが写真もアンダーです(笑)。
昔走ってた栃木県の某山の裏ルートがこんな道でした。頭文字Dに出てくるような立派な山でもないかぎり、日本の峠道もこんな、センターラインもない狭い道ばかりですよね。

日本の峠道のように見えますが、これでも海外のスポットです()。

紅葉がにぎやかな山道でランエボから逃げるゴルフです。特にコンセプトはなくて、単に写真フィルターいじって遊んでみただけの写真です。もはや紅葉関係ない雰囲気の写真になってしまいました。

 

 

Amazonではハズレゲームとして投げ売りされているグランツーリスモSPORTですが、このゲームのポテンシャルはまだまだ高いように思います。
今回のアップデートで登場車種の追加もありましたし、挙動など細かな調整もたびたび入ることが明らかにされました。

オンラインレースやスポーツモードは敷居を高く感じている人でも、今回のバージョンアップでオフラインで遊べる機能も増えましたし、そこまで対人戦を意識しなくても遊べるゲームになったかと思います。
願わくば、最初からオフラインでのプレイも考慮した内容にしてくれれば良かったのですが、まあ、言わないことにしておきましょう。

次はコースの追加をお願いします(特に東京エキスプレスウェイの西ルート)。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す